責任転嫁

f:id:ki9chan:20180315101841p:plain

3月も半ばの15日になって、すっかり春めいた世界を花粉という住民が跋扈してきましてね。鼻づまりのおかげで、あ、私もちゃんと呼吸してるんだと気が付かされております。どうもこんにちは、私です。

花粉と同じように、私のもとに相談の種も飛んで参りまして。恋だ愛だ、人間関係だ仕事だ、友人だなんだと、それはもう様々なジャンルの相談が舞い込んでくるわけですが。

どの相談にも共通することがありましてね。それはもう実に単純。「結局誰かのせいにしている」ということなんです。誰かのせいにしちゃえば楽なんでしょうけど、根本的な解決にはなっていないから、結局いつまでたってもぐずぐずと考え込んでしまうわけで。

「なんで分かってくれないかな?」とか「絶対自分事を避けている気がするんだよ、あの人」とか。自分のことを考えているようで、単に相手のせいにして自己防衛に走っているだけでして。こりゃ、まぁ無意味とは言いませんけど、無意味に近いでしょうな。

私の好きな言葉に「相手を変えるのより自分が変わったほうが簡単だし楽」というものがあります。一部自分の言葉を脚色してますが、大まかな意味としては「とにかくまずは自己責任、自分がどうするかを考える」ということです。

「なんで分かってくれないのか」。相手の理解力が低い、相手が全然話を聞こうとしていない、もちろん相手にも何らかの問題はあることでしょう。でも、だからといって自分がそのままでいいということになならないんじゃないかと。

相手の理解力が低いとしたら、「どうしたら伝わりやすいか考える」「言葉を噛み砕いて伝える」「図にしておく」などなど、伝え方を考えてみる。相手が話を聞いていないのだとしたら、「用件だけを伝えるのではなく、世間話を挟んでみる」「話してダメならメモして置いておく」「相手のことにも興味を持って、相手のほうから話をさせてみる」などなど。まぁ自分ができる解決の方法だって五万とあるわけでしてね。

「花粉め! この野郎」と、私も感じてます。けれどもね、いかにして花粉と付き合っていくか、花粉の症状を抑えこむには自分の何を変えたらいいか、そんなことを考えながら、生きていまして。まぁそれが自己成長にもなりますし、誰かのせいにするよりも生きやすいんじゃないかと、そう思うわけです。