押し付け。

f:id:ki9chan:20180329141232p:plain

「これオススメだから聞いてみてよ」なんて言われることが、ままありますけども。単刀直入に申しますと、鬱陶しいこと甚だしいと思うわけでして。「いや、ああそうですか」と友人の手前、悪くは対応したくありませんから、その場をサッとならして終わらせますけど。

内心ではね、「いやもうどうでもいい」と「オススメだと言われても、こちとら蚤ほどの興味もないんだ」と、そう思っていまして。この何と言いますか、「押し付け」と言えばいいでしょうか。そういった行為が苦手な性質なんですな、私は。

あれは大学時代でしたか、友人とカラオケに馳せ参じましてね。今日は歌うぞ!と意気揚々と向かったわけですが、着いてみたらびっくり。友人の歌う曲全部「ももクロ」でございまして。ちょうど流行っていたのでね、皆聞いててハマってたんでしょうけど、ずっとそれしか歌われない。

私自身は全く興味のかけらもなかったので、曲も全然知らない。その中で「お前もノッてこいよ」言われるわけでして。まあ、分からないんでノリようもなく手拍子くらいはしてたんですが、終いには「カッコつけるな」と一喝されまして。てことは「ももクロを聞く自分が恥ずかしいのか?」と思いつつ、「ああ、こういう押し付けは面倒だ」と再認識したんですが。

あとあとももクロの曲を聞きまして、おお明るくて良い曲だと思ったんですがね。ハマるまではいきませんでしたが。

「自分が好きなら、お前も好きだろ」という、何というか面倒な感情を持った人ってのは、案外大勢おりましてね。流行語大賞なんかもそうですな。全然使ったこと無い言葉なのに選ばれた、選ばれたからには知っておかにゃならん。知らないやつはダメなやつみたいなね。まぁ面倒。

好きに好きなことを好きになればいいわけでね。それをわざわざ他人にオススメする必要なんてないわけで。それならいっそこんな風にブログで、最近聞いた曲とかで紹介でもしていた方がよほど面白いんじゃないかと。

きっと認めてほしいんでしょうな。もちろん純粋にオススメしたいからという気持ちもあるのでしょうが、1人よりも2人、2人よりも大勢と。集団だからこそ良いのだという思い込みからくるのかもしれない。そんな面倒なこと考えてないで、純粋自分が楽しめりゃいいでしょうに。

とまあ色々書いてきましたけども、「この文章が押しつけがましい」と言われたらそれまでなんですがね。