あたくし。

f:id:ki9chan:20180406110900p:plain

今週のお題は「自己紹介」だそうで。まァこういう機会に自分がどういう人なのかを今一度考えてみるのも一興でございます。

まずあたくしは男でございますな。見まごうことなくでございます。声は高いのでございますけど、体つきは男でございまして、一物も忘れることなく付いております。普段は服を着ておりますので分かりませんけど、一糸纏わぬ姿になれば立派なものがそらァ。いやこら関係ないですな、とにかく男でございます。

齢は28になりますか。生まれてこの方もう28年と言うべきか、まだ28年しか経ってないと言うべきなのか。もうすぐ30だと思うと歳をとったような気もするんですけども、まだ人生の半分も生きていないと思えば、まだまだ若造なんだとも思えますんで。年齢というものはその人の気持ちひとつなのでございますね。80になってもまだ若造と思っていたいですけれど、きっとクソジジイでございましょう。

仕事は、何と言いましょう。本職と呼べるものはあるようなないようなところ。特にひとつに絞らず、あらゆる仕事をしておりますので、どれかひとつに絞れと言われると困るわけでございます。今は新しい事業を始めようと思いまして、色々と思案を巡らせているところで。それも自分の力で何かを創り上げて、お金を稼ぎたいと思っておりますから、アイデアを毎日毎日考えて、アイデアを考えることすら仕事になってまいりました。

彼女も妻もおりません。あァなんと嘆かわしいことでしょう。妄想の中では引く手数多で体はひとつではもたないのでございますけど、現実の世界では引く手どころか手も足も見えませんで。とりあえず、きっと今は仕事の方に考えが巡っているからして、交際の方に視線を向けることができないのでありましょう。という言い訳をかましておくと何だかあたくしの心が救われるわけでございます。皆様の心は疼くでしょうけど。

あたくしが人生を送っていくうえで、メンターとしている人は多くおりましてね。大泉洋さん、小林賢太郎さん、片桐仁さん、ジョブズ、マスク、両津勘吉のび太君、辺りでしょうか。心優しく、勇気と行動力があり、面白く、ユーモアがある方々でございます。そのような人間になりたいと日々試行錯誤をしておりますが、まだ天と地ほどの差いや宇宙と地球の核ほどの差がございまして、まだまだ追い抜けないなと感じております。

だいたいこのあたりからあたくしという人物がどういうものかお分かりいただけてきたのではないでしょうか。そうです、今皆様方の頭の中に浮かんだ通りの人間でございます。バカですか?? アホですか?? 天才ですか?? そのどれもが正解であり、どれも不正解であります。皆様方のなかに出来たあたくしの人物像、それを覆すか覆さないか、こうご期待というわけで、締めさせていただきます。